相談窓口のご案内

母子保健センター事業

乳幼児発達相談のご案内

 茨城県母子保健センターは母子の健全育成推進を目的とした相談機関です。茨城県から委託を受けて、乳幼児の発達に関する相談を行っています。相談は、市町村保健センター及び保健所からの紹介が必要です。

発達に関する相談

 相談結果に基づき個別指導を実施します。子育て中の不安や悩みに小児科医師(月1回)や心理専門員が相談に応じます。

  • ことばや発語等に遅れがある
  • 会話がかみ合わない
  • ことばがどもる(吃音)
  • 視線があいにくい 
  • 他の同年代の子となかなか遊べない・・・など

 お子さんの心身の健康や発達に関すること、また療育相談についてひとりで悩まずぜひご相談ください。

個別指導

 子供の発達に応じた目標・課題を設定し、興味・関心を引き出しながら個別のプログラムにそって基本的生活習慣、対人関係、ことば、運動の発達を促すよう指導・助言を行います。
 個別指導は、概ね月1回1時間程度です。

市町村巡回相談

 市町村で発達障害児支援に携わる保健師や心理専門員、保育士等の専門職に対する技術的支援を行うことを目的に、市町村に対する巡回相談を行います。

  1. 個別ケースの発達相談および発達検査の実施
  2. 困難ケースの発達相談および発達検査の実施
  3. 保健師や心理専門員、保育士等、専門職への研修会および勉強会

【申込方法】
申込用紙へ必要事項を記入しメール(boshihoken@ina.or.jp)にて申し込む。

電話相談

お子さんの健康や子育てに関する不安に保健師・看護師が相談に応じます。

乳幼児発達相談の流れ

Q&A

Q1.専門の医師と心理士の相談が受けられると聞きましたが、相談日は月に何回ありますか。

 A.毎月1回で、第4月曜日の13時から行っています。1人のお子さんに約1時間かかります。予約制で、予約するには市町村保健センターからの紹介が必要となります。「ことばが遅い」「友達とうまく遊べない」「落ち着きがないので心配」などの相談があります。専門医師と心理士による相談結果に基づき、個別の療育指導を実施しています。

Q2.心理士による個別の療育指導は、月に何回ありますか。

 A.毎月8回、心理士及び言語聴覚士の5名が交替で個別指導にあたっています。ひとりのお子さんが月1回1時間個別指導を受けられます。平成25年度の個別指導日は、第1・3月曜日、第1・2水曜日、第1・3木曜日、第2・4金曜日です。時間は、10時、11時、13時、14時で予約していただきます
※なお、心理士の都合により、変更になる場合があります。

Q3.心理士による個別指導の内容を教えてください。

 A.一人ひとりの子どもの発達に応じて、課題を設定し、発達を促すようかかわっています。具体的には、色、形の理解のため、かたはめ・パズル・仲間わけなどの机上課題の指導、また、動物・野菜などのカードにより語彙数を増やす指導をしています。やり取り遊び(ままごと・買い物ごっこなど)ルールを守る遊び(黒ひげ危機一髪など)もしています。お子さんへの指導後、ご家族への助言や不安についての相談も受けています。

 Q4.電話相談は子育てに関することや成長・発達についてなど、何でも可能ですか。

A.「ことばが遅い」「1歳を過ぎているのにまだ立てない」など、お子さんの発達についての相談が多いですが、「他県で療育を受けていたが、茨城県に転居予定なので茨城の療育期間を紹介してほしい」「子どもとのかかわり方がわからない」「ことばがどもる」などの相談があります。

茨城県母子保健センター

TEL:029-221-1553
〒310-0034 水戸市緑町3-5-35 茨城県保健衛生会館1F
相談受付 月曜日・水曜日・金曜日(休日除く)9:30~17:00
※相談無料。医師の相談は予約制です。