いばらきみんなのがん相談室

「いばらきみんなのがん相談室」を開設しています

がん相談室冊子マンガでわかりやすく情報をお伝えします。

  • 冊子第1版(はじめまして)
  • 冊子第2版(自分を責めないで)
  • ご希望の際はご連絡ください。(郵送で対応いたします。)第3版(がんとともに生きる)現在考案中
  • 茨城県から委託を受けて,県民の皆様のがんに関する様々な不安や悩みに対応していくため,平成28年7月11日から茨城県看護協会が茨城県保健衛生会館内に開設いたしました。
  • 相談方法:電話、面談(予約)で対応いたします。※感染対策を取って対応いたします※(受付時間:月曜~金曜 9:00~16:00 ※土日祝日,8/13~15,12/29~1/3を除く)でもご相談予約を受け付けます。ibagan[@]ina.or.jp返信にタイムラグがあるかもしれませんがご了承ください。                 ご希望があれば、オンライン面談も実施できます。
  • 相談は無料!です。ただ,フリーダイヤルではありませんので,電話代のみご負担をお願いいたします。
  • ご家族や友人,職場の方など,どなたでもご利用いただけます。匿名で対応いたしますのでご安心ください。
  • がんを告知され,どうしていいか・・・わからない。誰にも言えない辛い思い・・・。
    相談員は,がん治療に携わった経験を持つ看護師や自身や家族ががんを克服した経験をもつ相談員もいます。
    相談員は,専門家としても,ひとりの人間としてもあなたの心に寄り添います。
  • 相談内容等あなたの秘密は厳守いたしますので、安心してご相談ください。
  • ガイドラインや本を準備して相談員一同待機しております。

案内リーフレット

令和3年度がん患者の方向けの補助金申請受付を開始します。(2021年4月22日)

問い合わせは、・補助金申請ってなあに?

       ・書き方がわからない。

       ・私は対象なの?

       ・ご家族からの問い合わせなどもお電話「いばらき みんなのがん相談室」へ
                                ☎029-222-1219

  • 申請時点から過去1年以内に購入(レンタル)したものに限ります。                          (例:令和3年6月10日申請の方 令和2年6月9日に購入までが可能です。)
  • ウィッグは医療用だけではありません。(全頭のウィッグおよびウィッグネットは、対応します。部分ウィッグは認められません(ウィッグの付属品ウィッグ台・ブラシ・シャンプー・ヘアキャップなどは含まれません)
  • 乳房補整具は申請時点から過去1年以内に乳がんの治療(手術)受けた方に限ります。                    (手術日のお問い合わせをさせて頂きます)
  • ※乳房補整具について通販で購入された品物に関してはカタログのコピーを必ず添付してください※
  • 補助対象商品について(手術直後に使用する胸帯、乳房パット、パットを挿入するための乳がん患者用ブラなど)その他水着・下着などは含まれません。※医療従事者の指示により手術後必要とされ医療費控除などにならない品物はお電話でご相談ください※☎029-222-1219
  • カタログの添付がなければ、領収書の発行販売元へ問い合わせし、県の健康・地域ケア推進課と査定させていただきます。
  • 査定によりお支払いできない場合もございます。国立がん情報サービスセンター例不明な点はお問い合わせください。
  • 年度にかかわらず、申請はおひとりにつき、それぞれウィッグで1回、乳房補整具で1回、福祉用具で1回となります。(領収書は、該当品すべての領収書をご提出ください)レシートでも可能ですが、詳細のわかるものでお願いいたします。
  • 予算内での交付となりますので、予算満了になり次第締め切ります。
  • 申請から交付まで2か月から3ヶ月程度かかります。
  • 令和3年度の申請用紙は、以下よりダウンロードしてお使いください。
  • 令和3年度10月1日より妊孕性温存療法の助成事業開始しました。
  • 但し、「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の助成を受けていない方に限ります。43歳未満の方が対象です。

①がん治療を受けている方の就労等の社会参加を応援します。

②若年者(18~39歳)のがん患者の方が,住み慣れた生活の場で,安心して自分らしく日常生活が送れるよう支援します。

③妊よう性温存治療の助成

がん治療(化学療法、放射線療法等)の副作用により主に卵巣、精巣等の機能に影響を及ぼし、生殖機能が低下したり失われたりすることがあります。そのため、妊よう性温存療法(がん治療の前に胚(受精卵)、卵子、卵巣組織、精子を採取し長期的に凍結保存すること)を行った方への助成制度になります。年齢は43歳未満の方が対象です。

申請書

申請書記載例

原疾患治療実施医療機関証明書

 Excel版

 PDF版

指定された医療機関で実施されたことが条件となります。

(茨城県内の指定病院 ①)

(茨城県内の指定病院 ②)

お問い合わせ・申請窓口

(公社)茨城県看護協会 「いばらき みんなのがん相談室」
〒310-0034 茨城県水戸市緑町3-5-35 (茨城県保健衛生会館内)
029-222-1219(あいにいく)
ibagan[@]ina.or.jp

受付時間 月曜~金曜 9:00~16:00
※土日祝日,8/13~15,12/29~1/3を除く)