ホーム >  令和元年度地区意見交換会について

令和元年度地区意見交換会について

令和元年9月11日(水)古河・坂東地区意見交換会を皮切りに、11月21日まで全地区9か所において、地区意見交換会を開催いたします。意見交換会では、看護職の団体として、地域ごとに最適な地域医療の在り方を考えていく必要があることから、茨城県や医療関係団体等への要望活動へつなげていくことを目的に、地域医療における現状や課題等の情報共有の場の一つとして、活発な討論が行われております。
日程や、終了した地区の様子などは下記のとおりです。皆様のご参加お待ちしております。

日程 地区 会場

9/11

13:30~16:00

古河・坂東地区 友愛記念病院
9/19
13:30~16:00
水戸地区 茨城県
看護研修センター
9/20
13:30~16:00
取手・竜ケ崎地区 茨城県立医療大学付属病院
9/25
13:30~16:00
筑西・下妻地区 しもだて地域交流センター
アルテリオ
10/1
13:30~16:00
土浦地区 厚生連研修センター
10/3
13:30~16:00
常陸太田・ひたちなか地区 ㈱日立製作所
ひたちなか総合病院
10/23
13:30~16:00
鹿行地区 鹿嶋市まちづくり市民センター
11/1
13:30~16:00
日立地区 日立保健所
11/21
13:30~16:00
つくば地区 筑波学園看護専門学校

【内容】
1)令和元年度事業方針・重点事業進捗状況について
2)2020年度茨城予算編成に係る要望について
3)Nursing Now!「Nursing Nowキャンペーンの取り組みについて」

Nursing Now!とは、「看護の力で健康な社会を!」をメインテーマに掲げ、
ナイチンゲール生誕200年となる2020年に向け、看護職がもつ可能性を最大限に
発揮し、看護職が健康課題に積極的に取組み、人々の健康の向上に貢献するため
に行動する日本看護協会事業の世界的なキャンペーンです。
今回の意見交換会では、メインテーマ「看護の力で健康な社会を!」について
看護職がもつ可能性を最大限に発揮し、人々の健康な暮らしに貢献できる行動を
考える「語りの場」(機会の一環)と位置づけました。

【地区意見交換会の様子】
9/11古河・坂東地区
  

9/19水戸地区
  

9/20取手・竜ケ崎地区
  

9/25筑西・下妻地区
  

10/1土浦地区
  

・働き方の多様化(仕事より、自分のプライベート優先)モチベーションの引き出し方が課題。
・子育てが終わると介護が待っている。働き続けるためにいろいろな年代ナースの活躍が必要。
・夜勤のできる若い独身ナースの負担が大きい。お互い様の精神が大事。
・看護補助者の確保、定着への課題。
・子育てナースのカウンセリングについて   など

さまざまな事柄について「語りの場」で話し合われた。
※今回得られた情報は、行政や各関係機関等に要望していく参考とさせていただきます。
 もちろん個人・関係施設が特定されないように配慮させていただくことを申し添えます。