ホーム >  茨城県看護協会とは >  委員会・地区活動

委員会・地区活動

【委員会活動】

各委員会及び各地区の平成28年度活動目標を紹介します。

職能委員会

保健師職能委員会
  1. 保健師の専門性を発揮するために資質の向上を図り、効果的な保健指導を推進する。
  2. 保健師の連携強化とネットワークを構築する。
助産師職能委員会
  1. 助産師の専門性を高めるための支援
  2. 助産師出向システムの推進
  3. 地域活動による子育て支援
看護師職能委員会Ⅰ
  1. 病院における外来看護の現状を共有し課題を明らかにする
  2. 病院における看護師長の役割について、意見交換の場を提供する
  3. 病院看護師の職務上の課題について検討する
看護師職能委員会Ⅱ
  1. 県民誰もが、住み慣れた地域で、健康で、安心して、その人らしく暮らすことができるよう、看護の質の向上を図る。
    1)医療機関や地域の専門職が顔の見える連携を図り、最後までその人らしく暮らすことができるよう支援する
    2)認知症の人を理解し、地域で暮らす認知症の人が尊厳ある生活を送れるよう支援する

 

常任委員会

看護労働改善事業委員会
  1. 看護職の働き続けられる労働環境等の改善及び就業促進の支援
教育委員会
  1. 看護職の専門領域の知識や技術を深め、質の向上をめざした研修を企画・運営する
  2. 研修企画・運営上の課題を抽出し、問題解決を図る
  3. 研修企画・運営のための知識・技術を学び、教育担当者としての資質を高め役割を果たす
業務委員会
  1. 看護の専門性が発揮できるよう看護業務について調査を行ない、医療現場で役立てる資料を作成する
広報委員会
  1. 興味・関心のある「旬」の話題を提供する
  2. 美しく見やすい機関紙「看護いばらき」を作成する
  3. 県内の看護に関する学会や研修など現地取材を通し参加者の声を反映した記事を提供する
  4. 看護協会会員入会率アップにつながる興味・関心のある話題を提供する
学会委員会
  1. 平成28年度看護研究学会を円滑に企画・運営する
  2. 茨城県内看護職の看護研究を支援する
認定看護管理者教育運営委員会
  1. 認定看護管理者教育課程の企画・運営及び改善のための検討を行う
医療・看護安全対策推進委員会
  1. 茨城県看護協会における医療安全体制を構築する
    1)医療安全管理者担当交流会の推進
    2)地区の医療安全活動の支援
  2. 医療安全管理者養成研修の企画・実施・評価をする
    1)受講者にアンケートの協力依頼(研修内容、標準テキストの活用状況)
  3. 医療事故防止に取り組むことができる人材育成をする
    1)現場に即した医療安全の知識を学ぶ
    2)事故防止に取り組むため他職種との連携を図る
  4. 「医療安全推進のための標準テキスト」の活用を推進する
  5. 「医療安全管理者養成研修会」フォローアップ研修の企画・実施・評価をする
在宅療養看護推進委員会
  1. 医療・介護・福祉との連携を図り、在宅療養生活の支援に努める
    1)多職種間の理解を深め連携を強化する
    2)他機関から在宅療養への移行及び在宅療養看護の支援と推進をする
    3)看看連携を深め、在宅療養看護の質の向上を図る
災害看護委員会
  1. 災害支援ナースの登録を目指し、個人の意思で災害時に活動できる看護師を育成する
  2. 看護専門職として、被災者に支援できる能力を育成する
  3. 災害支援ナースとして、他者との協働、自律的な活動の重要性が認識できる人材を育成する
公益事業推進委員会
  1. 公益社団法人として県民向けの事業を推進するため、その具体的方策について検討する。

 

【地区活動】

水戸地区
  1. 会員相互の情報交流を図り,課題の共有と地区活動への関心を高める
  2. 「まちの保健室」を通じて,地域住民の健康な生活を支援する
  3. 看護専門職として新しい知識技術を習得し実践に活用できる
日立地区
  1. 地区会員会等を通し、情報共有を図り地域連携を推進する
  2. まちの保健室活動を通し、地域住民の健康な生活を支援する
  3. 会員を増やし組織強化を図る
常陸太田・ひたちなか地区
  1. 地域住民の健康への支援
    1)常設「まちの保健室」活動を通し、疾病予防及び異常時の早期受診を促す。また、在宅で介護している方々への支援を行う。
    2)多職種と協同し、地域住民に対する疾病予防や健康の保持・増進を支援する。
  2. 看護職間の連携を図るとともに、専門職として質の向上に努める
    1)研修会の開催
    2)地区会員会における情報交換
    3)地区における施設間の連携を図る
鹿行地区
  1. 専門職としての資質向上を図り、地域のニーズに応じた保健活動を推進する
  2. 施設間・関係団体との連携を深め組織の強化を図る
土浦地区
  1. 地域の会員の連携強化(医療と福祉、病院と施設や訪問看護ステーション等)
  2. 地域住民が安心して過ごせる健康生活(くらし)の支援
つくば地区
  1. 地区会員会への参加者を増やす
  2. 地域のネットワークの推進
取手・竜ケ崎地区
  1. 保健・医療・福祉の分野で活動する看護職と連携を図り、地域のニーズに応えられる医療の提供に貢献する
  2. 専門職として質の向上を図り「健康で安心して暮らすことができる地域」の保健医療福祉の活動を推進する
  3. 会員増を働きかけ組織の強化を図る
筑西・下妻地区
  1. 各施設間の連携を強化する
  2. 新入会員を増やす
  3. まちの保健室を定着させ、地域保健活動の充実を図る
古河・坂東地区
  1. 常設 「まちの保健室」活動の充実を図る