ホーム >  茨城県看護協会とは >  重点事業・事業計画

重点事業・事業計画

平成29年度重点事業

[平成29年度事業方針]

 ○少子超高齢社会に対応する人材育成
 ○労働環境の改善と充実
 ○超高齢社会に向けた在宅ケアの推進
 ○組織力強化


[平成29年度重点事業]

1 少子超高齢社会に対応する人材育成
 1) 看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)の活用の推進
 2) 准看護師の資質向上と進学支援
 3) 医療・介護連携推進人材養成事業の推進
  (1)医療依存度の高い利用者ヘのケアに携わる介護職員等養成研修の実施
  (2)研修プログラム・OJTマニュアルの作成
  (3)レスパイト情報の収集とホームページでの情報発信
  4) 認知症対応力の向上
   (1)看護職員認知症対応力向上研修の実施
   (2)インターネット配信による認知症ケア研修の実施
  5) 特定行為研修制度の普及
  6) 日本看護学会―在宅看護―学術集会の開催

 

2 健康で安全に働き続けられる労働環境改善の推進
 1) 健康で安全に働き続けられる労働環境改善の推進
  (1)ワークライフバランスの推進事業の充実
  (2)医療勤務環境改善支援センターとの連携推進
 2)ナースセンターの機能強化の推進
  (1) ナースセンターの利用促進及び切れ目のないキャリア支援
  (2) 地域就業支援事業に係る地域別利用者支援の充実

 

3 地域包括ケアにおける看護提供体制の構築
 1)訪問看護支援事業の推進
 2)在宅医療推進体制整備事業の推進
  ①訪問看護出向研修の推進
  ②退院調整マニュアルの作成と活用
 3)医療・介護連携推進事業の推進
 4)包括的母子保健支援への体制整備
 5)健康寿命の延伸に向けた地域連携の推進
 6)いばらき がん患者サポートセンター運営
 7)「まちの保健室」での多職種連携
 8)四師会との連携強化


4 組織力強化
 1) 継続会員数の確保
 2) 新規入会者数の確保
 3) 会員サービスの向上
 4) 協会内部組織活動の強化と発信
 5)災害支援体制の充実

 

○平成29年度事業計画→こちら(PDF形式)