沿革

昭和23年 7月 日本助産師看護師協会茨城県支部として発足
25年 7月 水戸赤十字病院構内に協会活動の拠点として茨城県助看保会館建設
26年 10月 公益法人の許可を受け日本看護協会茨城県支部を設立
29年 11月 名称を社団法人茨城県助看保協会と変更
42年 8月 社団法人日本看護協会茨城県支部連絡協議会を設立
47年 6月 日本助産師会茨城県支部を解散
48年 7月 名称を「茨城県助看保協会」と変更
看護師等無料職業紹介事業を開始
50年 4月 助看保会館の老朽化に伴い茨城県看護研修センターを建替え
57年 6月 保健師・助産師・看護師3部会から成る職能団体を統合
58年 7月 名称を「社団法人茨城県看護協会」と変更
平成5年 4月 社団法人日本看護協会茨城県支部を解散
7年 8月 薬剤師会・公衆衛生検査センター・栄養士会との合築により茨城県保健衛生会館(3階・4階:茨城県看護研修センター)を建設
24年 4月 公益社団法人茨城県看護協会へ移行
5月 薬剤師会・公衆衛生検査センターの移転に伴い茨城県看護研修センターを改修