ホーム >  看護職を目指す方へ >  看護職の仕事

看護職の仕事

看護職とは?

保健師(国家資格免許)

地域住民の健康管理と企業の従業員の健康相談・生活指導など、人々が健康な生活を送れるように、保健指導を行います。

助産師(国家資格免許)

出産の介助のほか、妊産婦の健康管理や出産後の育児指導など母と子の健康をサポートします。

病院等に勤務する以外に、個人で助産院を開業することも可能です。

看護師(国家資格免許)

病院や家庭で療養している人の看護や日常生活の援助・助言を行います。

准看護師(都道府県知事免許)

医師や看護師の指示に従って、病院や家庭で療養している人の看護や療養の支援、援助をします。

看護職の活躍の場

病院 患者さんの回復を助けます。
診療所 地域の人々の病気の回復を助けます。
訪問看護ステーション 家庭を訪問して必要なケアをします。
老人保健施設・特別養護老人ホーム 高齢者の日常生活を支えます。
看護の教育機関 看護学校等で看護学生の教育・指導にあたります。
研究所 最先端の看護研究や、企業の製品開発の研究に参画します。
小・中・高校保健室 生徒の健康管理や相談に応じます。
海外での看護活動 JICA(国際協力事業団)や青年海外協力隊などの活動に参画します。
保健所・市町村 保健師が中心となり、地域の人々の健康管理や相談に応じます。
企業内の健康管理室 働く人々の健康管理を行います。
ケアマネジャー 訪問看護のプランを立てます。