ホーム >  「第1回 みと在宅医療・介護 体験・学習フェア」 開催報告

「第1回 みと在宅医療・介護 体験・学習フェア」 開催報告

「第1回 みと在宅医療・介護 体験・学習フェア」 開催報告

 平成26年1月25日(土)13時から、茨城県保健衛生会館(茨城県看護協会)において、「第1回 みと在宅医療・介護 体験・学習フェア」を開催いたしました。
 当日は、ご多忙の中、高橋靖水戸市長、上甲宏水戸市医師会長を来賓に迎え、また、特別講演講師として、長年在宅医療に携わり日本の在宅医療の第一人者である太田秀樹医師をお迎えし、「人生を支える医療~出前医者22年の実践から~」と題し、先生の豊富なご経験とユーモアあふれる有意義なご講演をいただきました。
 また、水戸市高齢福祉課を始め関係団体の皆さまのご協力により、相談・体験コーナーを開設し、在宅医療・介護について相談・体験できる機会を設けました。
 地域住民を中心に174名にご参加いただき、盛況に終えることができました。
 
■当日のプログラム→こちら(PDF形式)

特別講演の様子

福祉用具紹介・体験コーナーの様子

在宅医療・介護相談コーナーの様子1

在宅医療・介護相談コーナーの様子2

介護食紹介コーナーの様子

健康チェック・相談コーナーの様子